道場のマナーと動作手順の約束ごと

50分+1局という限られた時間の中で、トラブルなくスムーズにゲーム進行していくために、もっとも適した動作手順を、道場は採用しています。

 

  • 場所決め親決めはサイコロ2度振り。
  • ゲーム開始時、ゲーム終了時にあいさつ。
  • 終局後点棒の受け渡しが終わったら、まず軽く洗牌。次の親がセットボタンを押し、牌を流し込む。もう一度親がセットボタンを押す。
  • 牌山を井桁に組み終わってから、親はサイコロを振る。*1
  • 開門は親が行なう(子は自分の前の山でも触ってはならない)。
  • 親は、全員の配牌完了・リンシャン牌が降ろされていること・ドラの表示がされていること、この3つを確認してから、第一打を行なう。*2
  • ツモ、捨て、は常に同じ手で行なう。牌を握ったまま摸打してはいけない。
  • 対局中の私語は禁止(打牌に対する意見、感想、質問なども禁止)。発声と点棒申告以外は声にしないのが原則。 不意に出るつぶやきや舌打ちに注意。牌を呼称してはいけない。
  • 摸打の途中に、表情、声、仕草などで、感情をおもてにだすことは控える。*3
  • 6つの発声(ポン、チー、カン、ツモ、ロン、リーチ)は、はっきりと全員に聞こえるように。
  • 他のプレーヤーを不快にさせる行為は禁止(強打、河をきれいに並べない、点棒の不快な支払いなど)。
  • 和了したら、役名はいわず、点数のみの申告をする。  例「ツモ サンビャク ゴヒャク」「ロン ゴセンハッピャク」*4
  • 点数は自己申告が基本。他のプレーヤーは間違っているときだけ発言する。*5
  • 支払いは、次局のリーチ棒(1,000点棒)を残すようにして支払う。
  • 和了した時や流局時に手牌を公開する場合は必ず理牌する。
  • リーチの動作手順/①発声 ②牌を横に向けて捨てる ③1,000点棒を置く、これを一連の動作として行なう
  • 流局時、テンパイの開示は、親から南西北家の順に行い、ノーテン者は牌を伏せる。*6
  • ポンやチーの動作手順 / ①発声 ②公開 ③取牌 ④打牌 ⑤所定の位置に並べる*7
  • 加カンは、牌が横になっているところに重ねる。

 

*1 同時に二つの動作をしない。動作はひとつずつ正確にかつテンポよく行なう。

*2 リンシャン牌はドラ表字牌をめくる前におろす。

*3 誤情報を与えたり、手の内をばらしたりすることでゲームの面白みが半減する。

*4 ゴミ、イチサンニンロク、マンガン、などのような不正確な呼称はしない。子のツモなら、子の支払い分、親の支払い分の順に略さず正確に申告する。

*5 アガリを宣言した者は、受け取れる点数を申告する権利がある。他の3人は、その申告が正しいかどうか確認する義務がある。

*6 リーチ者がいた場合は、まずリーチ者から開示し、続いて親から順に開示していく。

*7 ツモってから捨てる、これがマージャンの基本動作。ですからポンやチーの時も、まず、鳴いた牌を河から取ってきて、それから打牌する。

 

発声はもちろん、さまざまな動作は、半分は自分のために、半分は他の3人のプレーヤーのために行なう行為です。

道場のルール

  1. 常に一翻しばり、喰いタン、後付けあり。
  2. 一発、裏ドラ、カンドラなし。喰い替えあり。
  3. リーチをかけた者は、暗カンできない(暗カンした場合アガリ放棄)*1
  4. 途中流局なし。王牌は14枚残し。
  5. フリテンリーチあり(リーチ後の見逃しもあり、以後はフリテン扱いに)。
  6. 30符4翻、60符3翻は、マンガンに切り上げない。<ロンの場合 子7,700、親11,600><ツモの場合 子2,000/3,900、親3,900オール>
  7. 積み場なし
  8. ノーテン料は場3,000、形式テンパイあり。
  9. ノーテン親流れ、オーラスならゲーム終了。
  10. 50分+1局の順位取り方式。*2
  11. 発声がない場合および発声ミスはすべてアガリ放棄。
  12. ヤクマンのパオは大三元と大四喜だけ。
  13. チョンボは3,000点オールの支払い。
  14. 国士無双であっても、アンカンに対してチャンカンは認められない。
  15. 人和は認められない(1巡目役なしでアガリと認められるのは天和と地和だけ)。
  16. ゲーム終了時の供託されたままのリーチ棒は、トップ者の点数には加えず、スコアカードの供託欄に記入する。
  17. ゲーム終了時の順位による順位ポイントを、その半荘の成績とする。*3

 

*1 リーチという行為は、もう手を変えない、点数も高くしないという宣言なので、点数がリーチ後に変ってしまうカンを認めていない。

*2 順位取り方式の注意点、(オーラスに、アガってもラスのまま(四着→四着)というアガリは禁止)。

*3 トップ+3、二着+1、三着△1、ラス△3をスコアカードに記入する。 (トップ者は3勝0敗、二着者は2勝1敗、三着者は1勝2敗、四着者は0勝3敗の成績結果だと考えるとわかりやすい)また、ゲーム終了時同点の場合は、順位ポイントを分け合う(トップ者が同点の場合、+2、+2、△1、△3)。

 

▲アガリの注意点 ツモアガリの場合は、アガリ牌を右脇に、手牌から離して明示する。

  • 河の近くに置いたり、手牌にくっつけたりしてはいけない。
  • 正当なアガリであること、申告点数が正しいことを、全員が確認し終わるまで、牌山や捨て牌をくずしてはならない。
  • 他家3人は、アガリに対する確認を終えたら、自分の手牌を伏せる

 

▲チョンボは以下の4つのケース

  • 他家の手牌を倒したり、牌山を崩したりして、ゲームの続行を不可能にした場合
  • 流局後ノーテンリーチが発覚した場合
  • アガリを宣言して手牌を公開したが、正当でなかった場合
  • アガリを宣言した者が、確認の前に手牌を崩し、アガリの正否を不明にした場合

 

健康マージャンの会員様募集中